エラ削りは口に中から手術をするので傷跡の心配がありません

整形手術で小顔を手に入れました

口の中から手術をするため、外見からは傷跡などがわからないという返事です。
傷跡などが心配でしたが、残らないならエラ削りの手術を受けるしかありません。
不安な点がなくなったので、整形手術を申し込むことにしました。
美容整形を含めても、手術をする時はとても不安になります。
緊張している私に気が付いた看護師さんが、優しく声をかけてくれました。
エラ削りは口の中から手術をしますが、全身麻酔を打つため気が付いた時は全て終わってからです。
下顎を削る時も、麻酔の効果で何も感じませんでした。
入院する必要がないため、手術当日に帰宅することが可能です。
入院は必要ありませんが、通院しなければいけません。
大き目のマスクを着用しながら、美容外科へ通院していました。
口を大きく開けられない以外は食事制限などもないため、普段の生活とあまり変化はありません。
美容外科の先生の説明通り、顔の腫れが次第に消えていきました。
腫れが治まった後の顔を鏡で見ると、エラ削りの手術前とは別人のような自分が写っています。
手術で下顎を削るのは不安でしたが、女の子のような小顔になれたので本当によかったです。

私の特徴は大きな顔悩みを解消するために美容外科に相談整形手術で小顔を手に入れました

エラ削り / エラ削りの整形手術